スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉置浩二がオスカー社長を「あのじいさん!」呼ばわりで大ピンチ!?



青田典子との熱愛報道が世間を騒がせている「安全地帯」の玉置浩二が25日、香港から帰国したが、出発前のハイテンションとは打って変わって、終始不機嫌だった。
芸能ブログ 芸能裏話・噂

189.jpg

青田典子 ヌード画像⇒Geinouranking
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能画像紹介へ


「青田を連れて、成田空港で言いたい放題。報道陣から"青田ボケ"と揶揄されるほどの浮かれっぷりでした。そのことが"芸能界のドン"の逆鱗に触れ、周囲の連中に『もうしゃべるな』と怒られたんですよ」(大手プロ幹部)

 玉置のこのときの発言は一部スポーツ紙で報じられているが、報道陣にスタッフが「オフレコで」とお願いしたコメントが、芸能界で大問題になっているという。


「玉置は『青田は事務所を辞めた』と言っていましたが、実は青田の"芸能界の育ての親"ともいえるオスカーの古賀誠一社長のことを、玉置は『あのじいさん』呼ばわりして、『(青田に対して)何もしてくれなかった』などと放言していたんです。また、"芸能界のドン"が青田の移籍を推し進めていると取られかねないような危険な発言もしていました。それらの発言はさすがに一般紙面には出ませんでしたが......」(マスコミ関係者)

 実際、その場にいたマスコミ陣のほうが「そんなこと言って大丈夫か?」と青くなってしまったという玉置の問題発言。ある大手プロ幹部は、「オスカーの古賀社長がC.C.ガールズを売り出したからこそ、今の青田がある。何もしていないなんて、とんでもないよ。それに青田の移籍についても"ドン"が進めているようなことを言っていたけど、玉置と"ドン"は無関係。これでは"ドン"と古賀社長の関係もおかしくなってしまう。玉置はとんでもないことを言ってくれたよ」と呆れる。

 26日に発売された安全地帯のニューアルバムのプロモーションも、今回の騒動ですべて吹っ飛んでしまったという玉置。元カノ・石原真理も顔負けの"プッツン発言"で身を滅ぼさなければいいが......。

(引用:日刊サイゾー)

194.jpg

195.jpg

196.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。